OFC 2016

概要

米国アナハイムにおいて開催された、光通信のトップカンファレンスであるOFC2016において、藤澤准教授の講演1件の他、齊藤教授、もしくは藤澤准教授が共著となっている論文に関して、招待講演1件、一般講演2件、ポストデッドラインセッション*3件、合計6件の講演がありました

*ポストデッドラインセッションとは?
会議の論文投稿締切を過ぎたあとで投稿された論文を
発表するセッション。会議期間中に審査があるため、
論文の採否は会場で発表される。
非常にレベルの高い論文が投稿され、競争も厳しい。
2016年のOFCでは、採択率はわずか17%であった。